電気自動車用コンセントがある住宅は便利?

電気自動車は自宅で充電を行うのが基本とされています。コンビニや高速道路などにある公共スポットは、主に長距離を移動する際の補給を目的としていますが、通常は自宅に設置した充電器で車両を使用しない時間帯に充電を行うことが一般的です。自宅で行った方が電気自動車を運用するためのコストが安くなり、ガソリン車のように燃料補給のため出かける必要もないというメリットがあります。

電気自動車を自宅で充電するには専用設備が必要ですが、特に価格が安く手軽に設置できるのが電気自動車用コンセントです。専用の電気自動車用コンセントを設置しなくても、一般的なコンセントを使えばよいのではと考える人もいるかもしれません。しかし、安全に作業を行うためには専用の電気自動車用コンセントが必要になります。

日本国内で使われる充電用のコンセントは一定の規格に準拠しており、専用の電源プラグに対応しています。一般的なコンセントでも通電できるものもありますが、電源プラグのロック機能が使えません。プラグの差し込みが不十分な場合には火災などの原因になる可能性があるので注意が必要です。

充電速度は基本的に充電器や電気自動車用コンセントの出力が大きいほど速くなります。電気自動車を自宅で充電する場合、一般的に単相AC200Vのコンセントを使用し、主力はおよそ3kWです。家庭用のコンセントは基本的に100Vで出力も半分以下なので電気自動車の充電には適していません。

一部の電気自動車には単相AC100Vのコンセントを使用できるものもありますが、出力は0.6kW~1.2kWほど低いため時間がかかってしまいます。自宅に設置する充電設備にはさまざまなタイプがありますが、特に小型で利便性が高いのが電気自動車用コンセントです。電気自動車用コンセントは壁に取付けることができ、設置場所に広いスペースを必要としないというメリットがあります。

電気自動車用コンセントを使うには車載充電ケーブルが必要です。コントロールボックスからは電源プラグと充電用コネクタが出ており、前者をコンセントに接続し後者を車両の充電口に接続します。車載充電ケーブルは車種ごとの専用品で、電源プラグからコントロールボックスまでの長さに違いがあるのが特徴です。コンセントの高さや種類によってはコントロールボックスがコンセントを取り付ける壁に干渉する可能性があるので、事前に長さを確かめましょう。自宅にコンセントを設置すれば、公共スポットまで移動する必要がなく利便性が向上するので、快適に電気自動車を使うことができます。

注文住宅の設備選びで失敗しないためのポイント

注文住宅は間取りだけでなく、設備や建材なども自由に選べるというメリットがあります。ただし、ハウスメーカーや工務店では基本的な仕様を決めていることが多く、十分に確かめず家造りを進めるとイメージとは違った仕上がりになる可能性が高いです。設備選びで失敗しないためには、家造りの進み具合に合わせて早めに行動することが大切になります。気がかりなことがあれば、遠慮なく施工会社のスタッフに相談しましょう。

家造りがある程度進んだ段階で設備が好みに合わないことが分かりプランや見積りの変更を行った場合、設計に影響が出たり契約金額を超えてしまうことがあります。建築確認申請を行った後は、構造に影響する変更が難しくなるので注意しなければなりません。注文住宅は設計の自由度が高い反面、早めに仕様を決めたりなどの準備を行うことが大切ですが、一度に全ての設備を決めるのは困難です。失敗しないためには、段階に応じた設備を選ぶための適切な方法を知る必要があります。

家造りのためにはまず施工会社や設備、建材やインテリアなどに関する情報は集めるのが通常です。そのため、専門誌の資料請求ハガキなどを利用してカタログを集め、希望の条件を明確化するとよいでしょう。キッチンや浴室などは間取りに関わるため小さな変更でも他の部分に大きく影響します。間取りに関わる部分や断熱性能、耐震性能などは慎重に検討が必要です。

候補となる施工会社が決まったら希望のデザインや間取り、設備・建材などを伝えてプランと見積りを出してもらいます。設備選びは入居後の使い勝手などに影響するので、多くの会社の商品カタログを請求して比較検討しましょう。各社のショールームを訪問して実物を確認するのも有効な方法です。

最適な施工会社を選んだら打ち合わせを重ねて具体的な間取りや設備・建材などを確定します。契約後に設備や設計を変更したりオプションを付けると、予算を超えてしまう可能性があるので注意が必要です。建築確認申請後は窓の位置など構造に関わる変更が難しくなるため、その前に全てのことを決めておけば効率的に家造りを進めることができます。

契約から着工までには数か月の期間があるのが通常です。その間に設備・建材の色や柄、オプションを決めることになります。色や柄は契約後でも選択・変更でき、サイズやレイアウトが変わらない場合には設計に影響しないため、設備の変更やオプション追加が可能です。コストに大きな影響を及ぼす選択や変更についてはより早い段階で決めておくと後から慌てずに済みます。

住宅の省エネ設備の種類について

日本の一般的な家庭では全エネルギー消費量のうち約30%を冷暖房が占めています。省エネ性能の高い住宅は冷暖房によるエネルギー消費量を抑えることが可能です。省エネ設備にはさまざまな種類があり、室内の気温や湿度を快適に保つエアコンは2007年と2017年を比較すると約5%も性能が向上しています。約5%という数値を見ると少ないと感じるかもしれませんが、エアコンは消費電力量が多いため省エネ効果が高いです。

リビングや寝室など使用時間が長い場所に最新のエアコンを設置すれば、エネルギー消費量が抑えられて電気代も安くなります。また、エアコンを選ぶ場合には部屋の広さに合っているかどうかを確かめることが大切です。より効率的にエアコンを使いたいのであれば、換気を行い熱気を逃してから電源を入れることや、室外機の周囲を清掃しておきましょう。

省エネルギー住宅は断熱性能も優れており、冬は部屋の中の暖かい空気が逃げず、住宅内の室温がほぼ均一になります。北側にある浴室やトイレの寒さも軽減され、結露が起きないという点もメリットです。夏は室外から熱気が入らないため涼しく、小型のエアコンでも快適に過ごすことができます。

省エネ性能は住宅の窓や外壁などの外皮性能と照明や給湯、家電などによる一次エネルギー消費などが評価の対象です。外皮性能とは外壁や床、屋根や天井など、住宅を囲むあらゆる部分の性能であり、住宅外の暑さや寒さ、日射の影響で熱を損なわず温度を一定に保つものほど評価が高くなります。日射による影響を防ぐためには屋根に遮蔽塗料を使うのも効果的です。

一次エネルギー消費量を抑えたいのであれば、エアコン以外に冷蔵庫や液晶テレビなども最新のものにするとよいでしょう。冷蔵庫は2007年と2017年の製品を比較すると約49%もエネルギー消費量が少なくなっています。常に電源を切ることなく稼働している冷蔵庫を高性能なものに交換するだけで、大きな省エネ効果を得ることができるのです。冷蔵庫を効率的に使うことが可能になるインバータ制御タイプやノンフロン対応、高性能の断熱材を使用したものを選ぶのがおすすめと言われています。

液晶テレビは2010年と2017年を比較すると約34%もエネルギー消費量が少ないです。LEDバックライトや省電力機能を搭載したタイプを選べば高い省エネ効果を得ることができます。自動電源オフ機能や明るさ調整機能などを備えた最新の液晶テレビを導入すれば、エネルギー消費量が抑えられて電気代も安くなるのでおすすめです。

室内物干しの魅力とメリット

室内物干しには天気や季節に左右されない以外にもさまざまなメリットがあります。家の中で洗濯物を干すことができれば、梅雨の時期などに雨の日が続いても洗濯物を溜め込むことがありません。また、外に干す場合はにわか雨が降ってくると急いで取り込まなければなりませんが、室内物干しならば急ににわか雨が降ってきても濡れる心配がないので慌てずに済みます。

共働きの夫婦はタイミングよく洗濯物を取り込めないことがありますが、室内物干しならば洗濯物が乾燥すればいつでも取り込めるので効率的です。外にある自動車の窓やポストなどには埃やPM2.5などの浮遊物が付着しており、洗濯物も外に干すとこれらの浮遊物が付着するので注意しなければなりません。濡れた洋服には汚れが付着しやすいので、埃やPM2.5などで汚れるのを防ぐには室内物干しを行うとよいでしょう。

日光に当てると洋服を効果的に乾燥させることができますが、日焼けにも注意する必要があります。洋服は紫外線の影響で変色したり繊維が固くなる可能性があり、長時間にわたって日光に充てると寿命が縮む可能性が非常に高いです。しかし、室内物干しならば直射日光に当たらないので紫外線によるダメージから洋服を守ることができます。

洋服を外に干すと盗難の被害に遭う可能性がありますが、室内物干しには盗難を防止できるだけでなく、周囲からの視線を気にしなくてよいという魅力があります。盗難を防ぎたい場合やプライバシーを守りたい場合には室内物干しを行うのがおすすめです。ただし、室内物干しを行うためにはある程度のスペースを住宅内に確保しなければなりません。リビングなどで部屋干しをするケースも多く見られますが、来客や家事の効率などを考慮すると予め十分なスペースを確保して家造りを行うことが大切です。

室内に洗濯物を干して効果的に乾かすためには、臭いやカビ対策もしっかりと行わなければなりません。長時間濡れた状態が続くと雑菌が繁殖して臭いの原因となるので注意が必要です。汚れが残っていると雑菌が繁殖しやすくなるため、洗濯用に混合水栓を使いお湯で洗うことができるようにしておくとよいでしょう。乾くまでに時間がかかると雑菌を繁殖させてしまいますが、サーキュレーターやファンを使い換気を行えば素早く乾燥させることができます。浴室暖房乾燥機や除湿機などを使って湿度を調節するのも効果的な方法です。

室内物干しをすれば雨の日が続いても洗濯物を溜め込まずに済み、洋服の汚れや傷み、盗難などを防ぎプライバシーを守ることができるという魅力もあります。一方で、部屋の中で効果的に洗濯物を乾かしたいのであれば、十分なスペースを確保し雑菌を繁殖させないための工夫を講じることが大切です。

人気が高いキッチンの設備とは

キッチンは毎日の食事を作る場所であり、設備の選び方によっては調理や清掃に必要な時間と手間を大きく減らすことができます。人気が高いキッチンの設備にはさまざまなものがありますが、家族の食生活や家事の効率などを考慮して必要性を判断することが大切です。さまざまな設備の中でも人気が高いのはIHクッキングヒーターで、火を使わずに調理が可能で掃除の手間も省けます。この設備はオール電化住宅が人気となるのに伴い、急速に普及が進んでいるのです。IHとはInductionHeatingを略した言葉で日本語では電磁誘導加熱と呼ばれており、火を使わず電気による磁力線で鍋底を加熱します。

この設備は熱効率が優れており、プレート上にあるスイッチを指で触れるだけでとろ火から強火まで10段階ほどの調節ができます。火を使わないので調理中に衣服に燃え移ったり消し忘れたりする心配が不要です。凹凸のないフラットな形状になっているため清掃も簡単に行うことができ、吹きこぼれてもすぐに拭けば問題ありません。IHクッキングヒーターは安全機能が充実しており、鍋を外すと自動的に通電が切れます。切り忘れを防止する機能も備えているので安心です。

IHクッキングヒーターは扱いやすい設備ですが、基本的に土鍋やアルミなどを使えないというデメリットも存在します。オールメタル対応タイプならば金属全般を使用できますが、中華鍋などは使用することはできるものの底が丸く熱効率が悪くなるためあまり適していません。IHクッキングヒーターは安全性が優れていますが、調理中に加熱した油が発火する可能性があるので注意が必要です。安全に配慮して適切にIHクッキングヒーターを使用すれば、効率的に調理を行うことができます。

生ゴミ粉砕機とも呼ばれるディスポーザーも人気が高い設備の1つです。生ゴミを排水口に水と一緒に流し入れて、ディスポーザーのスイッチを押すと瞬時に細かく粉砕します。粉砕された生ゴミはシンク下の処理槽内で分解・浄化され、下水道に流れる仕組みです。この設備は分譲マンションで導入されるケースが多く見られますが、一戸建てに設置することもできます。

ディスポーザーを設置すると生ゴミが出ないのでシンクの三角コーナーが不要になり、悪臭や小バエの発生も防げることができ衛生的です。ゴミの量が減るため、ゴミ出しの手間を省けるというメリットもあります。ただし、貝殻や大きな魚の骨、タマネギの皮などは粉砕できないので注意が必要です。他に人気が高い設備には、センサーに手をかざすだけで吐水・止水が可能なタッチレス水栓や浄水器などさまざまなものがあります。キッチンの利便性を向上させたいのであれば、それぞれの特徴を把握した上で必要なものを設置するとよいでしょう。

食器洗い乾燥機を自宅に設置する時の予備知識

食洗器にまな板を入れる女性

食器洗い乾燥機にはさまざまなメリットとデメリットがあります。自宅に設置するのであれば、予備知識を調べておくことが大切です。この装置を設置すると洗浄から乾燥までを全自動で行ってくれるため、食器洗いの時間が大幅に短縮されます。4人家族における1回の食事で汚れた食器を洗うのに使う時間は、15分から20分ほどが平均とされていますが、食器洗い乾燥機は食器をセットする時間である5分程度のみです。つまり、毎回15分ほどの時間を短縮できます。朝食と昼食で使用した食器を一緒に洗い、夕食で使った食器をもう1回洗うと仮定すると、1日あたり約30分を節約できるというわけです。

一方で、食器洗い乾燥機はフライパンや大きな鍋などが入らないため、自分で洗わなければなりません。そのため、フライパンや大きな鍋などは調理を終えた段階で洗ってしまうと効率的です。例えば、ハンバーグを作ってスープを煮込む場合には、ハンバーグの盛り付けが終わりフライパンを洗った段階でスープの煮込みが完了するように手順や時間を調整します。このように、装置に入らないフライパンや大きな鍋などは、食事の前に片付けるようにするとよいでしょう。

食器洗い乾燥機は大量の水を使うのではと思われがちですが、実際には手洗いの場合よりも使用する水の量が少なくなります。これは、食器などを洗っている間に水やお湯を出しっぱなしにしているケースが多いことが理由です。5人家族で約40点の食器を洗う場合には、1回に約80リットルもの水を使用するとされています。この装置を設置すれば、運転モードによっては10リットル以下に水の使用量を抑えることが可能です。1回当たりの洗浄で70リットルを節水すると考えると、朝と夜2回では140リットルも水の使用量が少なくなります。小さめのお風呂に1回お湯を貯めた場合と同じくらいの水量を節水でき、上下水道代やガス代が減り経済的です。

食器洗い乾燥機は複雑な形状の急須なども洗うことができ、手洗いでは不可能な高温のお湯での洗浄もできます。グラスなども傷を付けずに洗うことが可能で、高温洗浄と乾燥が行われるため、細菌が繁殖しにいというメリットもあります。しかし、食器洗い洗浄機は洗浄中の動作音が大きいことや、設置スペースが必要になるという点がデメリットです。据え置き型は4万5千円~、ビルトイン型ならば13万円~の設置コストがかかる点にも注意しましょう。

食器洗い洗浄機は一般的な洗剤ではなく、専用の洗剤を使います。粉末タイプは価格が安いものの溶け残ることがあり、液体タイプは粉末タイプよりも高価で溶け残りが少ないのが特徴です。タブレットタイプは最も高価で洗浄力も優れていますが、量の調整が難しいというデメリットがあります。これらの中では、コストパフォーマンスが優れている液体タイプが人気です。

注文住宅におすすめの設備の特徴

小さな庭のある白い家が立ち並ぶ住宅街

注文住宅の利便性をさらに向上させるおすすめの設備には浴室暖房乾燥機やタンクレストイレ、全館空調システムや床暖房システムなどさまざまなものがあります。浴室暖房乾燥機は主に暖房と乾燥、換気と涼風という4つの機能を備えており、暖房機能は寒い季節に浴室を暖めることができ、ヒートショック対策に最適です。乾燥機能は使用後の浴室を素早く乾燥させてカビなどの発生を抑え、洗濯物を乾かすことができます。雨の日には外で洗濯物を乾かすことができませんが、浴室暖房乾燥機があれば洗濯物を溜め込む必要がありません。

浴室暖房乾燥機の換気機能を使うと湿気や室内で生じた埃、有害物質を排出して綺麗な空気を取り込むことができます。夏の浴室は熱気がこもりますが、涼風機能を使えば涼しい風を送ることができるので快適です。浴室暖房乾燥機はヒートショックを防ぎたい場合や、昼夜を問わず洗濯物を乾かしたい場合に役立ちます。冬には急激な温度変化が原因で血圧が乱高下、脈拍が変動することがあり、交通事故の約4倍もの人びとがヒートショックによって亡くなっていますが、浴室暖房乾燥機を使えばリスク軽減が可能です。生活を快適なものにするだけでなく、家族の健康を守る上でも浴室暖房乾燥機は重要な役割を果たします。

浴室暖房乾燥機を使うと花粉症の時期に屋内で洗濯物を干せるというメリットもあります。外に洗濯物を干すと外気に浮遊している花粉やPM2.5などが付着し、そのまま室内に持ち込まれます。浴室暖房乾燥機を使えば外気に触れることなく洗濯物を乾かせるため、花粉を気にすることなく快適に過ごすことが可能です。

便座の後ろ側にタンクがないコンパクトな形状のタンクレストイレも、注文住宅におすすめな設備の1つと言えます。このトイレは一般的なものと異なり、タンクがないため後ろ側の床や便器表面も簡単に清掃可能です。その他にも、2階建て以上の注文住宅を建てる場合にはどこにトイレを設置するかが問題になります。複数階にトイレを設置すれば夜中に階段を使う必要がないため転倒の危険がありません。来客時にプライベート用と使い分けることもでき、家族が使う時間帯に混雑しないというメリットもあります。

注文住宅で快適な生活を送りたいのであれば、全館空調システムや床暖房システムを導入するとよいでしょう。全館空調システムは、浴室やトイレなど家全体の温度がほぼ一定に保たれるため、どこにいても快適に過ごすことができヒートショック対策としても有効です。冬の冷たい空気は下に溜まる性質がありますが、床暖房システムを導入すれば床の温度を快適に保つことができます。足の血行がよくなって手足の冷えに効果があるだけでなく、湿度の低下も防ぐので肌や喉の健康を守るのためにも有効です。

パナソニックホームズはIOTに強い

小さな庭のある窓が多い家

IOTとはInternetofThingsを略した言葉で、日本語ではモノのインターネットと呼ばれています。この概念は家電製品や自動車、住宅などあらゆるモノがインターネットでつながった状態という意味です。従来の住宅では、パソコンやゲーム機、スマートフォンなどを使ってインターネットに接続していました。近年では冷蔵庫や洗濯機、エアコン、自動車など、さまざまなものがインターネットでつながるIOT住宅が増えています。

2010年頃から普及し始めて話題となったスマートハウスとは、IT技術を活用して快適な暮らしを可能にする住宅のことです。太陽光発電でエネルギーを作り住宅内に蓄え、コントロールすることで消費量を抑えるという特徴があります。スマートハウスは太陽光発電と蓄電池の他に、HEMSという管理システムを使用しており、HEMSはHomeEnergyManagementSystemを略した言葉で、ヘムスと呼ばれるのが一般的です。このシステムを使うと、家電製品と電気設備をつなぎ電気やガスの使用量を可視化することや、家電機器を自動的に制御できます。

近年では、住宅の省エネ化を図るためにIOT技術が不可欠になっており、IOT住宅とスマートハウスはほぼ同じ意味で使われているのです。パナソニックホームズのIOT住宅に標準搭載されているシステムは、従来のHEMS機能だけでなく照明やシャッター、空調や太陽光発電などさまざまな機器を効率的にコントロールできます。外出先からスマートフォンで機器を操作した、声で操作することも可能です。

パナソニックホームズは1963年7月1日に設立されたハウスメーカーで、設備メーカーを揃えて安定した品質を確保しつつ、コストの削減を図っています。同社は鉄骨住宅に特化しており、大きな特徴である全館空調システムは室温を常に快適な状態に維持するだけでなく、花粉や埃なども浄化することが可能です。初期保証が35年間とアフターサポートも充実しているため、長期間に渡り安心して住み続けることができます。

パナソニックホームズは、生活における利便性をさらに向上させるためIOT住宅に力を入れています。例えば、忘れがちなゴミの日も事前に設定しておけば前日や当日にモニターが知らせてくれるので、捨て忘れることが少ないです。また、洗濯機の運転が終了したこともスマートフォンに通知してくれるので、干し忘れ防止に繋がります。料理中などで手が離せない場合でも、スマートスピーカーに話しかければエアコンや照明の操作が可能です。IOT住宅を建てたいのであれば、確かな技術力があり手厚いサポートが受けられますが、気になる価格も含めてパナソニックホームズに相談してみましょう。