電気自動車用コンセントがある住宅は便利?

電気自動車は自宅で充電を行うのが基本とされています。コンビニや高速道路などにある公共スポットは、主に長距離を移動する際の補給を目的としていますが、通常は自宅に設置した充電器で車両を使用しない時間帯に充電を行うことが一般的です。自宅で行った方が電気自動車を運用するためのコストが安くなり、ガソリン車のように燃料補給のため出かける必要もないというメリットがあります。

電気自動車を自宅で充電するには専用設備が必要ですが、特に価格が安く手軽に設置できるのが電気自動車用コンセントです。専用の電気自動車用コンセントを設置しなくても、一般的なコンセントを使えばよいのではと考える人もいるかもしれません。しかし、安全に作業を行うためには専用の電気自動車用コンセントが必要になります。

日本国内で使われる充電用のコンセントは一定の規格に準拠しており、専用の電源プラグに対応しています。一般的なコンセントでも通電できるものもありますが、電源プラグのロック機能が使えません。プラグの差し込みが不十分な場合には火災などの原因になる可能性があるので注意が必要です。

充電速度は基本的に充電器や電気自動車用コンセントの出力が大きいほど速くなります。電気自動車を自宅で充電する場合、一般的に単相AC200Vのコンセントを使用し、主力はおよそ3kWです。家庭用のコンセントは基本的に100Vで出力も半分以下なので電気自動車の充電には適していません。

一部の電気自動車には単相AC100Vのコンセントを使用できるものもありますが、出力は0.6kW~1.2kWほど低いため時間がかかってしまいます。自宅に設置する充電設備にはさまざまなタイプがありますが、特に小型で利便性が高いのが電気自動車用コンセントです。電気自動車用コンセントは壁に取付けることができ、設置場所に広いスペースを必要としないというメリットがあります。

電気自動車用コンセントを使うには車載充電ケーブルが必要です。コントロールボックスからは電源プラグと充電用コネクタが出ており、前者をコンセントに接続し後者を車両の充電口に接続します。車載充電ケーブルは車種ごとの専用品で、電源プラグからコントロールボックスまでの長さに違いがあるのが特徴です。コンセントの高さや種類によってはコントロールボックスがコンセントを取り付ける壁に干渉する可能性があるので、事前に長さを確かめましょう。自宅にコンセントを設置すれば、公共スポットまで移動する必要がなく利便性が向上するので、快適に電気自動車を使うことができます。